腰痛でお困りならさいたま市の天神山 整体院

ブログ

2020/08/08(土)

腰痛と脊椎の話し

カテゴリー:院長ブログ

 

こんにちは、埼玉県さいたま市の腰痛専門整体院院長の細井です。

今日のお話は脊椎です。
頸部~仙骨までありますよね。

腰が痛い、肩が痛い、首が痛い…
ってまあそういう患者様が
非常に多いわけです。

その背景を考えてみましょう。
腰が悪ければ首も悪くないか?

首が悪ければ、腰も駄目でしょ?
こう思うわけです。

脊椎には、
S字上のカーブがあります。

となると、下がおかしければ、
上がおかしくなったって、
必然なのです。

別の表現をすれば、
脊椎の機能不全。

ですから、私は当然、
腰が痛い人でも腰だけじゃなく、
足から見て腰はどうか?

首はどうなの?肩はどうなの?
強いては顎はどうなの?

関節が連動する中で末梢からの患部への影響。
中枢からの患部への影響はどうか。
こういう考え方をしていきます。

ですから、腰痛を見ていくなかで、
背骨も首・胸部・腰って局所的に
考えるだけじゃなく、

“脊椎”として見ていくってことは
絶対大事になってきます。

その脊椎において、
トピックスがあるのですが、
胸椎の12番。

胸椎12番と聞いて連想する病態といえば、
圧迫骨折が多いですよね?

なぜ、12番って圧迫骨折多いんだろう?

力学的にっていうのはなんとなくわかる。
腰と背中の間だから機能的に違うんだろうなと。

胸椎の12番て、一つの椎体の中で
上と下の関節の構造が違うんですよ。

だからこそ、
動きのベクトルが変わるので折れやすい。

それだけ力学的には、
ストレスがかかるわけです。

そんな胸椎ですが、
首・腰を見ていく限り、
胸椎は外せないんです。

胸椎って当然ながら、
肋骨が付いているので、
なかなか動かないんです。

首や腰が日常生活動作で動くときに、
回旋という胸椎の機能が働くからこそ
滑らかな動きが出来るわけです。

肋骨のその中には肺がありますから、
呼吸っていうことにも影響してくる。

呼吸が上手にできないと、
体ってのは上手に使えませんからね。

そのあたりのことを考えてみると、
肋骨-胸椎-頚椎-腰椎を
一つのパッケージとしてみていく。

脊椎という単位で考えていけば、
首でストレートネックだよね。
ということであれば、

重心ってことも考えてみて、
顎はどうですか?
っていうお話もできてくる。

どんどんと広がってくるんです。
それが分かってくると、

もしかして、
ちょっと歯ぎしりしませんか?

って一言言っただけでも、
実はそうなんですよ何でわかるんですか?
とかっていう話が出てくるんです。

そこからどんどん展開していくことで、
実はここが悪いんですよって
見つけることができる。

その体を見ての臨床推論じゃないですけど、
ここがおかしいんだろうか?
っていうのを見つけていく。

治療に関してのテクニックって、
大事ではあります。

しかし、見立てていく、
特に、背骨の見立てってのは、
動作機能的な部分での見方が、
大事になってきます。

背骨をひとつの単位として考え、
末梢-中枢・中枢-末梢の展開の中で、
背骨が与える痛みへの影響を考察する。

文才が無くこんな感じの小難しい表現になってしまっていますが御来院された際には誰でもわかる様に説明しておりますのでご安心下さい笑

埼玉で腰痛でお悩みの方はいますぐコチラまで

埼玉県さいたま市の「慢性腰痛」専門整体院 天神山整体院 専用電話

070-1319-5819
「はい、天神山整体院です!」と電話に出ますので、
「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

公式ホームページはこちらをクリック

天神山整体院 院長ー細井康隆

 

 

 

 

通常初回施術費13,200円のところ

初回限定特別価格1,980円
(税込)

4月18日 (木)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

070-1319-5819

【受付時間】8時〜22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。